spec5zigen Inc.
spec5zigen Inc. 採用サイト

株式会社スペック五次元 採用サイト

社員紹介 01
失敗の連続が
私を育ててくれた
吉田 晃
吉田 晃
2001年入社 
取締役 営業チーム

失敗してもチームで前に進む

私は失敗から学んだ叩き上げ社員です。スペック五次元に入社してから失敗の連続でした。最初は制作チームに入り、CGモデリングを担当。しかし指示通りにはできない、作業は遅い、センスがない・・・ということで、半年程で営業に転向しました。それからも新規の顧客が獲得できない、獲得できても1回限り、納品はしたけれどリピートがないなどの失敗の日々。CGやWebの世界で”スペック五次元”という看板を背負っていたのに、何も話せない営業だったのです。当時はきっと、進め方もやり方も納品物もプロっぽくなかったのでしょうね。でもこんな私を会社はよく見守っていてくれたと感謝しています。中学の同級生でもある同僚や先輩たちもフォローしてくれて、チームとして考えていてくれたからですよね。

今は、仕事のつながりの中でお客さまの情報に厚みがでてきて、その会社の側面や業界のつながりを知り、全体像が見えてくる様を面白いと感じています。またそれに対して、売上がついてくることが、実際に一番楽しくてうれしい時ですね。
スペック五次元は、これからどんどん変化していくと思います。クライアントや仕事の取り方、戦略も変わってくるでしょう。5年後に全然違う会社になっている可能性もあります。いろんな形でチャレンジしながら進んでいきましょう。


男性社員初の育児休暇取ります

プライベートでは、もうすぐ初めての赤ちゃんが生まれます。今は毎日奥さんのお腹をさすって、子どもが動いているのを感じるのが一番の幸せです。週末はマタニティ関係のワークショップやパパママ教室などに通って育児勉強をしています。男性社員としては初めてですが、育児休暇制度も利用する予定です。スペック五次元はワーク・ライフ・バランスも重視していますから、自分で仕事を調整すれば休みも取りやすいと思います。

チームに一歩踏み込める人と仕事がしたい

営業として売上を上げるのも「自分」、ディレクターとしてクオリティを上げるのも「自分」です。スペック五次元は自主性を重んじる会社なので、「自分」が磨かれることでしょう。ただし、「自分」といっても「ひとり」じゃありません。これからいっしょに仕事したい人と考えると、自発的にチームに関わっていける人がいいと思います。そういう和にも一歩踏み込んでもらいたいですね。

私も元々は人との横広がりができなかった人間ですが、いろんな人と出会い、つながっている中で自然とできるようになってきました。失敗を積み重ねて学ぶこともあります。失敗を恐れずに飛び込んできてください。スペック五次元は、目標を達成できないからといって、バツになることはありません。逆にすごく稼いだとしても個人では大きくなることもない。そこはやはりチームなんですよね。

また、スペック飲み会というお世話になっている人たちと飲むイベントもあります。いろんな人と交流が増えて、ひとりひとりができることを持ち寄って、今後良い形になればいいと思います。



社員紹介トップ
制作者の気持ちを活かせるディレクターへ NEXT

募集職種以外の希望や、まずは話だけ聞いてみたいという方は、下記からご連絡ください。

pageTop